TYS125 ロングライドにマグラの油圧クラッチを取り付けと調整(XTZ125 YBR125 ランドネ)

TYS125 ロングライドTY-S125

TYS125の欠点解消

という事で、マグラの油圧クラッチを取り付けました。
一般的なブレーキフルードではなくミネラルオイルとやらを
使用した油圧クラッチシステムです。
XTZ125やYBR125、ランドネも同じエンジンを使用しているので、
取り付け方法は同じです。

油圧クラッチ取り付け方法

タンクとシートを外してクラッチのラインを、
エンジンまで通します。
XTZ125 ランドネ

エキパイとサイレンサーを外して、
クラッチアームにロッドを取り付けます。
クラッチのリターンスプリングも外しました。

マグラの油圧クラッチ
ワイヤーの場合は手元のネジで調整可能ですが、
画像にあるワッシャーで油圧クラッチの切れ具合の調整をします。

油圧クラッチ 調整

最初は4枚使用しましたが、クラッチが切れなくて常に半クラ状態・・・・。
調整のために、熱々のエキパイとサイレンサーを外して、
熱々のエンジンで火傷しながら、一枚外して再調整。

・・・・しかしまだ半クラ状態・・・。

またしても調整のために、熱々のエキパイとサイレンサーを外して、
熱々のエンジンで火傷しながら、クラッチリターンスプリングを元に戻して・・・
やっと直った!
油圧クラッチ 調整

皆さん、クラッチスリターンプリングは外さないようにしましょう。
クラッチが戻りきりません!

乗り心地はとってもよくなりました。
お勧めのパーツです。

YouTubeはじめました。

Youtubeチャンネル

YouTube