TLM220 フロントフォーク オーバーホール 分解編|TL125 ディスクブレーキ仕様 TLR200

TLM220の足回りTL125フィールドトリッパー改

こちらのTL125 フィールドトリッパーには、

TLM220の足回りがついてまして、ディスクブレーキになっております。

フロントフォークからオイル漏れしているので、
今回はフロントフォークシールの交換をしてみようと思います。

TLM220フロント周りと書きましたが、
実はちょっと違うようで、
TLM220はボトムケースのボルトが6角なのですが、
こちらは19㎜で減衰力調整もついています。

TLM260あたりなのかな??
と思い調べてみましたが分かりませんでした。

TL125 ディスクブレーキ

分解
1、ダストカバーとスナップリングを外します
TLM220 フォークシール交換

2、ボトムケースのネジを外しますTLR200 ディスクブレーキ

3、カートリッジを抜いてオイル抜きます
フィールドトリッパー

4、インナーパイプをカコンカコンと引っ張って抜きます
TLM260 フロントフォーク

5、オイルシールを注文する前に分解してしまった事を後悔します・・・。
TLM220の足回り

部品を待ってる間に、キャリパー整備でもしようかと思ったら、
こんなネジが使用されてて、外せない!
TLM220 キャリパー

トルクスソケットも注文しまして、またしても作業が進みません。

↓は、外した、TLM220のフォークシールです。
サイズを測ってみました。
サイズ

TLM220 フォークシール

オイルシール

YouTubeはじめました。

Youtubeチャンネル

YouTube