TLR200のエンジンをTL125ccに載せ替えた時の話。台湾製新品・汎用キャブレターPW22

PW22TLR200改 125cc

前の記事、TLR200を125ccで登録する方法
の補足というか、どのような作業だったかを書きたいと思います。

TLR200エンジンスワップ

エンジン載せ替えにかかった時間は、1人で1時間程度でした。

とにかく重たいので、下からジャッキで上げながら、
ボルト位置を合わせて・・と、できたら2人の方が楽かなと思います。

TLR200とTL125はエンジンの高さが違うので、
マフラーの位置、角度が合わないと別のブログを読んだら書いてあったのですが、
サイレンサー部分のネジを緩めたら、問題なく装着できました。

載せ替えはネジを取って付け替えるだけで簡単ですが、
古いキャブの調整に苦労しました。

アイドリングが安定せずに、何度も付けて外してが大変だったので、

台湾製新品・汎用キャブレターPW22・TLR200・TL125

を2018年10月に購入し、ポン付けしたところ、とても調子が良くなりました。
冬の気温5度でもキック一発、アイドリングも問題なし!
素晴らしいです!

・・・が、バイクを少し動かすだけで、ドレーンホースからガソリンがポタポタと
たれてきてしまいました。取り付けした直後からです。

キックする時も、ポタポタ・・・・。
フロントアップでも、ポタポタ・・・・。

たぶん油面調整で直るんじゃないかと思いますが、
直す気にならないので、ドレーンホースの口をタイラップで縛って、
ガソリンが垂れてこないようにしました。

それとウィリーで走行するとボギングにより、
キャブがボコつきます。まぁどのキャブでもなりますが。

それを除けば、TL125のエンジンにも、桃太郎さんの、
台湾製PW22は大きすぎる事なく、とても調子よいです。

PW22

YouTubeはじめました。

Youtubeチャンネル

YouTube