ビラーゴ125は遅い?(ドイツ仕様)感想・良い点、悪い点

ビラーゴ125 遅いビラーゴ125

中学生の時に雑誌に載っていた、
ビラーゴ250とスティード400に
憧れがあったのを先日思い出しまして。

若い頃は油冷GSX-R1100やバルカン400、
ハーレーのエレクトラグライド、その他
30台以上バイクに乗ってきたのですが、
なぜか2台の事はすっかり忘れてました。

ビラーゴ125

15年たって乗りたいけどデカいの、
面倒だなーと思ってネットを見てたら
ビラーゴ125があるじゃないですか!

エンジン以外は250と同じですが、
しかし値段は250ccよりも高い!

国内販売はされていなかったようで、
ドイツから日本に戻ってきた車両のようです。

ビラーゴ125は遅い?

ビラーゴ125 ドイツ

そんなビラーゴ125の感想ですが、

良い点
・250と部品同じなので困らない
・希少なので値段が下がらない
・燃費良い

悪い点
・ビラーゴ125は遅い

KLX125やTYS125、アドレスV125なんかとは、
比較にならないほど遅い!

こんなに加速しないとは思いませんでしたが、
それでも楽しいバイクです。

あと気になった点は、車体がカッチリしてないです。
リンク式のシフトやブレーキがフニャっとした感で、
ウィンカー、ライトなどのスイッチ類も、
タッチがフニャフニャしています。
ハンドルも大きく長いのでフニャっとしてます。
シートはフカっとしてます。

でもさ、楽しいバイクです。
買えてよかったです。

YouTubeはじめました。

Youtubeチャンネル

YouTube