ストレート製 デジタルトルクレンチアダプター とモノタロウ プレセット型 トルクレンチの感想と使い方

トルクレンチ プレセット型購入したもの

いきなり感想!→とっても便利!
今まで40年間てきとうなトルクで管理してました・・・。

何故かと言うと、
いちいち、分かりづらいメモリを見ながら
合わせて使う、アナログ式を使うのが面倒で・・・・。

こちらの商品、

ストレート トルクレンチアダプター デジタル式

6~30Nmでのトルク設定が可能です。
トルクレンチアダプター

自転車だともっと下の範囲のものが必要かな。

バイクや車であれば6Nm以下は、ほぼないと思われます。

グロムの締め付けトルク

27Nm マフラーフランジナット
24Nm ドレンボルト
12Nm Fスプロケ固定ボルト
9Nm タペットアジャストナット

30NmよりUPはモノタロウでアナログ式トルクレンチを購入しました。

グロムの締め付けトルク

54Nm Fアクスルシャフト
59Nm Rアクスルシャフト
32Nm Rスプロケ固定ナット
54Nm エンジンマウントボルト

デジタルトルクレンチ

デジタルトルクレンチの使い方

・パワーを長押しでONになります。
・ちょっと待つとスパナのマークと0が表示されます。
・+-ボタンでトルク値を設定します。
・ネジを締めて設定トルク値になるとピーッ教えてくれます。

表示設定で、現在のリアルトルク値と、
締め付けた時の最高締め付け値の表示切替ができます。

最高締め付け値表示の方が便利ですね。

ストレート デジタルトルクレンチ アダプターの感想

良い点
・安い!5000円位
・操作が簡単
・正確なトルクで締め付ける安心感

悪い点
・ネジを回すとアダプターも回るので、
画面が見れない。
・一般的なソケットサイズ(3/8)よりひとつ小さい(1/4)ので、
必要に応じてアダプターを買わなくてはいけない。

グロム 強化スプリング

トルク管理が楽しくて、面倒な機械式の
トルクレンチも購入してしまいました・・・。

モノタロウ アナログ式トルクレンチの感想

良い点
・安い!3500円位
・設定トルク値になると「カチッ」と鳴って
教えてくれるのが、何か好き。
・正確なトルクで締め付ける安心感

悪い点
・トルク値の設定がデジタルに比べて面倒

結論!

ストレート デジタルトルクレンチ アダプターのトルク調整範囲は(N・m)6~30で、
モノタロウ トルクレンチ プレセット型のトルク調整範囲は(N・m)28~210となります。

なので、2本買いましょう!

以上です♪

YouTubeはじめました。

Youtubeチャンネル

YouTube