スコルパ TY-S125 ロングライドのタンクの位置をさげて切れ角UPする。

TY-S125 タンク位置変更TY-S125

スコルパ TY-S125 ロングライドのタンクは、無印TY-Sに比べて、
容量が多く、サイズも大きくなっています。
なのでハンドルを切るとタンクにヒットしてしまい、
切れ角がとても少なくなっていたのです。

ネットを見てたら簡単に位置変更できそうなのでチャレンジ。

サブフレームのタンク取付穴から2.5cm後方に穴をあけて、
TY-S125サブフレーム加工

ブラインドナットを打ち込む。
HNC06R使い方

使った工具はこれ ↓ ↓
エビ ちょっとナッター HNC06R
エビ ちょっとナッター

タンクを付けて切れ角チェック。
TY-S125 タンク位置変更

後ろに下がった分タンクの前側の取り付けが、
甘くなってしまいタンクが飛んで行きそうに感じたので、
ホットボンドで補強してみました。
画像は取り忘れたけど!

切れ角UPしたので、乗りやすくなりそうです。

しかし、タンクの位置と同じ分だけ、フェンダーと、シートも
後ろに下げる事が必要なようで、完成まではもう少し時間がかかりそう・・・・。
スコルパ TY-S125 ロングライド

YouTubeはじめました。

Youtubeチャンネル

YouTube