TL125でウィリーするとキャブがぼこつく(ボギング) エンジンふけない問題

TLR200ウィリーTLR200改 125cc

TLR200(エンジン125)でウィリーをしてて、3メートルくらい走ると、
キャブがボコついて、エンジンがふけなくなり、
フロントタイヤが落ちてしまいます。
TL125ウィリー

ウィリーするとキャブがぼこつく

いろいろ調べてみると、どうやらボギングという症状らしく、
キャブが傾いてメインジェット(スロージェット)にガソリンがいかなくなり、
ガス欠のような症状になっているとの事。

ウィリー ボギング対策

対策として、バッフルと呼ばれるメインジェットカバーが
発売されている車種もあるようでした。

TLR200ウィリー

自作で作ってる方もいるようですが、
やっぱインジェクションがいいなーと、
結論にたどり着きます~。

YouTubeはじめました。

Youtubeチャンネル

YouTube